キャリアアップ

看護師から助産師になれる方法を教えます

看護師から助産師になれる方法を教えます

助産師は妊娠から出産に至るまで、さまざまな面で女性を支える重要な仕事です。
専門職でやりがいのあるお仕事なので助産師を目指す女性も多いようですが、助産師になるにはどうしたら良いのでしょうか。
ここでは助産師の仕事内容を見ていきながら、助産師になるための方法をご紹介します。

助産師のお仕事はどんなことをするの?

出産に立ち会うことは、助産師の重要なお仕事のひとつです。しかし助産師のお仕事は出産のサポートだけではありません。
妊娠から出産に至るまでのさまざまな段階で妊婦さんが安心して過ごせるようにサポートするなど、きめ細やかさが必要となるお仕事です。
妊婦さんに食事や運動の指導を通して健康管理し、出産の後の体調管理や母乳の指導など仕事は多岐に渡ります。
このように幅広い役割が求められる助産師の仕事ですが、病院で働くだけではなく自身で助産所を開設することもできます。
キャリア形成にも成長の可能性を秘めているのです。

助産師になるために必要な資格をとるには?

・看護師資格を取得後に助産師資格をとる方法
助産師になるには看護師免許を取得する必要があります。看護師の免許を持っておらず一から助産師を目指す場合には、まず看護大学か専門学校に入学し必要な知識や技術を学びます。修了後に看護師国家試験に合格すれば、晴れて看護師資格を取得できるのです。
次に文部科学大臣が指定した学校か、厚生労働大臣が指定した助産師養成所に入学し必要な知識を学び助産課程を修了します。
または看護大学の助産師コースや助産育成課程がある大学院で、助産課程を修了するという方法も可能です。
最後に助産師国家試験に合格すれば、助産師の資格を取得することができます。看護師の資格取得からスタートする場合は、必要な事柄を学び終わるまでにかなりの時間が必要です。
しかしもともと看護師の資格を取得している方であれば助産課程の修了後、助産師国家試験を通して、助産師資格を取得するだけで助産師になることができます。この場合、最長でも2年で助産師資格を取得することができます。

・看護師資格と助産師資格を同時にとる方法
できるだけ最短で助産師の資格取得を目指したい場合には、助産師コースが設置された看護大学に入学することによって看護師と助産師のそれぞれに必要な知識を同時に学ぶことができます。しかし入学後に助産師コースに進むためには、学内選抜試験に合格することが必要です。
助産師コースの選抜は常に上位の成績をキープすることが条件です。無事に合格することができたら助産師コースに進み必要な知識を学んだ後、卒業する年に看護師と助産師国家試験を受験します。
国家試験の受験は4年次に助産師養成過程の単位を取得することが前提で、試験に合格後に無事卒業して、助産師の資格を取得できるのです。この方法であれば助産師資格の取得までに時間がかからず、ひとつの学校に通うことで費用を抑えることができます。

看護師から助産師になれる方法を教えます

助産師になるには学校で必要な知識を学び、国家試験を通して看護師資格と助産師資格を取得します。やりがいが大きい仕事である分、試験の際の高い競争率を覚悟する必要です。無事に助産師の資格を取得した場合には、将来性のある素晴らしい仕事に従事することができます。