お仕事

総合的なスキルを求められる職業「訪問看護師」の仕事内容とは?

総合的なスキルを求められる職業「訪問看護師」の仕事内容とは?

近年名前を聞くようになった「訪問看護師」ですが、いったいどういった仕事を行う職業かご存知ですか? 名前の通り利用者の家に訪問し看護を行う職業ですが、単に医療処置だけではなく生活・精神的なケアまで求められるのです。
訪問看護師に対するニーズが高まる一方で、認知度が低いという現状があります。
今回は、訪問看護師の仕事内容や求められる役割について紹介します。

訪問看護師の仕事内容とは

訪問看護師は普段、訪問看護ステーションに常駐しています。主治医をはじめとする他業種の方々と情報を共有して訪問先の患者に対するケアプランを立てるのです。
その後、訪問先では以下のような業務に取り組みます。

・健康チェック

体温や血圧などのチェック

・医療処置

(主治医の指示を受けた上での)インシュリン注射、点滴など

・日常生活のケア

患者の身だしなみを整えるお手伝い、生活リズムの調整など

・認知症ケア

コミュニケーション、転倒などの事故を防止する環境づくりのお手伝いなど

・リハビリ指導

入浴やトイレといった日常動作の訓練など

・精神的なケア

患者本人やご家族から相談した上でのアドバイスなど

訪問看護師が求められる役割

・訪問看護を行う事前準備

訪問看護の前には、患者の経過や治療法について主治医と情報を共有します。患者の心身状態や家族から確認した在宅医療における不安や要望を受けて、ケアプランを立てていくのです。

・在宅医療の維持する行動

訪問看護師は、治療と生活の両面で患者のことを考える必要があります。看護師のいない間にも、ご家族が患者に適切なケアを施せる環境づくりを行います。
そのためには訪問時の限られた時間内で、患者の細やかな変化を把握し、今後起こり得る状況を患者本人やご家族に報告するのです。

・患者のご家族を支える

ご家族の協力なくして、在宅看護を続けることは難しいです。患者のご家族と積極的にコミュニケーションを取って無理なく継続できるケアプランを立てていきます。またアドバイスを送って、在宅看護における精神的な不安や身体的な負担を減少させることが求められます。

・ステーション内での連携

総合的なスキルを求められる職業「訪問看護師」の仕事内容とは?

訪問看護師にとって、主治医をはじめとする他職種の方々との連携は欠かせません。コミュニケーションを図った上で、より質の高いサービスを提供するためのシステム作りを求められます。またステーションによっては、経営に関する業務も訪問看護師の仕事となります。

ご紹介した通り、訪問看護は総合的なスキルを求められる職業です。
人員不足が叫ばれてハードワークが求められるかもしれませんが、その分だけやりがいを感じやすいかもしれません。
特に、訪問看護を担当している「患者さんやご家族の方から感謝の言葉を受けたことがモチベーションに繋がった」と実感される経験者が多いです。
興味を持たれましたら、訪問看護師という職業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。